参加者に喜ばれるお弁当があるか

宅配会議弁当業者の選び方のポイントとして、メニュー面について説明しています。

豊富なメニューで飽きない会議弁当

数ある会議弁当業者のなかから1社を選び出すには、メニューの豊富さに注目する必要があります。

たかが弁当、されど弁当なのが会議弁当。弁当の献立、内容によっては話しの盛り上がりも、リラックスの度合いも変わってきてしまいます。

ですから、会議参加者の構成によっては、献立の内容も考えなければなりません。たとえば、年配の重役クラスの会議であれば和食中心の弁当を、女性の参加者が多いようなら揚げ物が控え目の弁当を、など。

和食専門の業者や中華専門の業者よりは、和食でも洋食でも中華でも対応できる業者が望ましいということ。もちろん、各ジャンルの料理が高いレベルであれば、です。

また、連日のように会議が続くこともあるでしょう。そんなとき、毎日同じ内容の献立であれば重のフタを開くことさえ憂鬱になってしまうでしょう。

内容だけではなく、予算もあるので価格との兼ねあいも考えなければいけません。

つまり、これらのことを鑑みると、

  • 参加者構成でフレキシブルに対応できる献立の幅広さ。
  • 毎日でも飽きないメニューの豊富さ。
  • 内容には似つかわしくないリーズナブルさ。
  • 当然、おいしいのは当たり前。

といったポイントを押さえていることが、必須といえます。

さらに、管理栄養士などがカロリーや栄養のバランスを考えて献立していたり、素材の仕入れに妥協していなかったり、保存料や着色料などを使用していなかったりなど、独自のこだわりがあれば尚よしでしょう。